2016年05月02日

健脳デザインを提案しました。

3月16日〜18日、場所 ビッグサイト、健康博覧会、特設会場、脳の健康
弊社は上記の「脳の健康」の特設会場で【脳はぶどう糖】【しほ(塩)ぶどう糖】【サワーぶどう糖・レモン味】を中心に「健脳デザイン」を提唱し、ぶどう糖の脳における「ぶどう糖輸送体」について説明し、アミノ酸の脳での働きをいくつか説明しました。
昨今、TV局は健康についての解説が増え、ぶどう糖のよい点を伝えています。
この度の「脳の健康」は内閣総理大臣より厚生労働大臣に10年後に5人に1人は認知症になる可能性があり、それを防ぐため「日本の重要課題」です。
大きな命題です。
弊社は15年前から「脳はぶどう糖チップ」を販売していて、やる気と元気を提唱してきました。
脳の活性化は高齢者はもとより学生の受験勉強、ビジネスマンのやる気・元気、医療現場の集中力・注意力には欠かせません。
提唱の根拠は農林水産省の「早寝早起き朝ごはん」の中で「脳の唯一のエネルギー源はぶどう糖ブドウ糖」
と断言しています。  重要な日本の食文化の原点です。 では、また

続きを読む
posted by ブレインズ at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 健脳デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

今年初めてのブログ

高校野球の地区大会 

西東京は早稲田実業が劇的な戦いの末、勝利し、甲子園に行く

野球大会の観戦者は暑い中、良くがんばりました。

もちろん、選手も良くがんばりました。

猛暑の中の応援は、まだ、続きます。

「水分、塩分、糖分」必ず、持参してタオルや帽子をかぶってください。

熱いのは、高校野球の醍醐味です。

スポーツぶどう糖は選手や観戦者に良いです。
posted by ブレインズ at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

異常気象と災害食

横浜市防災フェア2014が、8月23・24日にみなとみらいの赤レンガで行われました。

今年は新企画で「災害食グランプリ」第1回で日本災害食学会・防災安全協会の主催・協力で実施された。

分野として1ごはん類2パン・めん類3惣菜類・レトルト類4缶詰・瓶詰、セット類5スープ・汁、水・飲料水の5分野です

弊社は5分類に属し2位です。出展は「脳はぶどう糖」「しほぶどう糖」を陳列しました。

「緊急食」・「救急食」の分野がまだ出来ないのが残念です。

34商品がエントリーし、1日目は午前中は雨で、2日目は熱い日差しの1日でした。

横浜市の消防隊の装備や活動、県警本部や

赤十字の活動、ボランテイア、広報、ラジオ日本、日経広告、など大掛かりで子供たちは大喜びでした。

日本災害食学会の災害食評価の考え方  1 即食性 2 保存性 3 栄養バランス 4 日常性 5 嗜好性 6 少数者対応(アレルギー等)

災害食のこれからのQOLに期待できそうです。・・異常気象も対象に商品つくりが始まるかも知れません。
posted by ブレインズ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

各メデイアは熱中症に関して特集しています

群馬県館林の気温、8月5日、39.5度

5年前以前の気温からすると最高気温の温度が高すぎます。

2011年3.11以降の家庭内やオフィス、工場の節電ムードはどこに行ったのかな?

等、時とともに言葉もムードも大いに違ってきました。

高齢者、幼稚者、スポーツ選手、野球観戦者など体調不良は毎日です。

生活が高温多湿の環境でアスファルトの地面で熱中症の条件が整いすぎです。

以前と違う対応をしなくてはなりません。

水分補給とともに「塩・ぶどう糖」を小まめに補給してください。

口うるさく、おどもには伝えましょう。


「しほぶどう糖・現場主義」は持ち歩けるようにアルミ袋に入っています。
posted by ブレインズ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

梅雨明け後、10日は晴天です。

「梅雨明け宣言されました。」

気象の専門家は常識になっているとのこと。今年は確認します。

今年は、エルニーニョ現象があり、冷夏の可能性が高かったが、秋にずれ込んだようです。ですから
今年の冬は暖冬の可能性が出てきました。

ということは、今年の夏は暑いです。

天気予報でも発表しました。

熱中症に注意です。搬送された方、死亡した方の統計も発表されました。

高齢者60代、70台の方の寝床での死亡が半数を占めています。

統計からも熱帯夜の日数と死亡の人数がリンクしています。

平成9年からの平成12年の統計でわかりました。平成10年が突出していて熱帯夜32日、死亡者数1750人。女性より男性が多く
5倍の差があるとのこと。

水分、塩分、糖分、小まめに水分補給、高齢者は暑い日は無理をしない。

スポーツ選手や観客者はこれから注意をしましょう。

時代は暑い日の多くなる方向へ行っているようです。

posted by ブレインズ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

熱中症に本格的に対策しよう

7月に入り、冷夏の予想を裏切り、例年のごとく、熱い日が続くとのこと。

1日で407人もの熱中症患者が病院へ搬送されました。

梅雨明け宣言は、まだ、ありませんが暑い日が続いています。

身体がなれてない方もいます。

スポーツをする方、運動をしなくてはいけない方に、「スポーツぶどう糖」として「しほぶどう糖・現場主義」をお勧めします。

体調管理をしてもこの暑さの中でのスポーツは番狂わせです。水分、塩分、糖分を十分に取りましょう。

気温は毎日、朝にチェックして、体力もチェックしてスポーツ、仕事に望みましょう。
posted by ブレインズ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | しほぶどう糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

持病を持つ人の自動車運転

7月に入り交通事故のニュースがTVで放映されています。

自動車運転免許証の取得の際に持病を報告し記載することになっている。とのこと

運転する方の持病によって提供される薬が違うのでそれぞれの方の応用が大事になります。

防災対策での備蓄品として「脳はぶどう糖」を販売しています弊社は大変気にしています。

本人だけでなく被害を被る方たちもいます。

さまざまな事故・災害と同じように危機管理的な対応を社会的に普及したいと思います。

昨今は熱中症による場合もあり、季節の変動も理解しておきましょう。

お子様や高齢者は気候の変動で起こること。また、薬の影響、空腹時、運動の後、緊張がほぐれた後なども自分の環境や
状態が変わります。周りの人たちも変わりますので起こるべきことをイメージすることを訓練しておきたいと思います。

posted by ブレインズ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

プール開き

東北の小学校はプール開きをしました。

各地の小学校はこれから体育の時間に水泳が教科に入り、1年生から6年生までプールに入ります。

昨今は紫外線を気にして日中の屋外の活動を嫌がる保護者が多くなりました。

そんな小学校プールは水に親しむ子供たちには良い環境です。

いっぱい楽しむ会話が必要です。

そんな中に熱中症の注意事項も織り込んでください。

塩とぶどう糖の入った「しほぶどう糖」スポーツ現場主義は熱中症対策です。
posted by ブレインズ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | しほぶどう糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

サッカーが始まりました ブラジル大会始まりました。高校野球は予選

早朝のサッカー観戦は良いけど

日本のスポーツの注目は甲子園の高校野球です。

各県大会の日程が決まり7月から始まります。

野球観戦者の熱中症に気をつけましょう。

昨年の日大三校は応援の観戦者を含め対策をしました。

水分、塩分、糖分が重要です。


posted by ブレインズ at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツぶどう糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

今でしょ・熱中症対策

6月1日に今年の熱中症での搬送115人を記録しました。

本日も暑いです。

ペットの散歩や体力のない方の散歩、幼児、幼稚園生の散歩、日中の外出はできるだけしないほうが良いです。
地面からの熱は大変温度が高く、大人の体感より、場所にも因りますが、5度以上高いかもしれませんです。

本日は湿気も予想は50%を超えそうです。(関東地方)

今の日本の人の身体は、まだ、夏に慣れていない状態です。

気温・湿度・体調の変化という大きな意味の環境の変化と日々の体調の状況を見て水分補給や

塩分・ぶどう糖(糖分)など基礎的栄養分の取り具合を気にしていきましょう。

熱中症に関しては先生、指導者の気配りが大変重要になります。

野外・屋内のスポーツなどではマネジャー様の気配りは命がけです。

しほぶどう糖、脳はぶどう糖

posted by ブレインズ at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。