2013年07月24日

作業チームの管理者と熱中症

8月1日よりバスツアーが廃止になります。
昨年のバスツアーの大惨事から国土交通省の路線バスとバスツアーの許可の出し方と実際の運営の責任の所在による観点からです。
事故の責任がバスの会社であることを確認した事になります。
バスツアーは旅行会社がお客様を募集して。バス会社にお客様を輸送する事を委託するという事で輸送を安くする会社へ委託します。
労務管理上の基準があいまいになったり、個人の請負のあいまいな点が指摘されています。
バスの運転手の方々が仕事上での長時間の運転や悪天候での気配り(疲労につながるかもしれません)、渋滞、フロントでの暑さ(熱中症にならなくても疲労するかもしれません)、運転手さんの体調など、いつもと違う場面も多いと思います。
1回、1回が真剣勝負です。しばらく例年にない暑さに見舞われる可能性があります。
熱中症も含め仕事が炎天下の場合の方々の管理者は真剣に対策を取ってほしいです。
夏休みの行楽シーズン事故の少ないことが大事だと思います。
posted by ブレインズ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

スポーツの指導者と熱中症(県大会で

19日(金)の炎天下での試合が終わり、グランドからダックアウトに戻り、試合直後のミーチングが始まり、その時、選手が急に、真正面に倒れました。
直立での前倒れなので遮るものも無くコンクリートの床に顎から倒れこみました。顎の骨が折れ顎関節も壊れ、奥歯も折れ、出血をして、救急車で病院に搬送されました。
命には別状は無く22日に手術になりました。
熱中症との事です。
試合が終わり興奮冷めない状況で「気の張り」が緩んだ頃に、水分不足の状態が身体・脳に起き始めているのではないでしょうか?
現場での雰囲気と身体・脳の状態でのギャップは他の熱中症にもあります。・・高齢者の部屋内での体感温度と水分不足など
1 スポーツの管理者・指導者の熱中症対策として試合後の1時間は水分補給を必ず心がけ、塩分・糖分の摂取を奨励しましょう。・・・試合後のミーテイングは座る事も考慮に入れましょう。
2 忘れてはいけないのが「冷やすという行為」は首筋、脇の下、顔を冷ッとした濡れタオルでぬぐう事です。
3 暑さも忘れ練習や、試合(戦い)をしている人に対して管理者・指導者は本人以上の心使いをしましょ。

「しほぶどう糖」は熱中症対策のあらゆる場面で熱中症予防をしています。・・準備・備蓄をお奨めします。
熱中症対策セットは救急車の来る前にすべき事を教育を含めセットになっています。
試合会場や合宿、練習場、病院、現場に1セットを配備しましょう。@タオルを増やしたり、A2秒でコチコチに凍るプッシュ冷えをを増やせば大人数も対策になります。
posted by ブレインズ at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

熱中症が一週間で10,913人・・対策の一例

先週13日(土)、鎌倉市の深沢多目的スポーツ広場・三菱電機富士塚グランドで鎌倉トスベースボール協会の第20回「母と子どものふれあいトスベースボール鎌倉大会」が午前9時より開催されました。
冒頭のあいさつで山田大会会長よりあいさつで熱中症の注意があり、弊社のスポーツ健康事業部の担当者より熱中症対策の配布と説明もいたしました。気温35度波越えている中、小学校の低学年のお子様たちと保護者のお母様たちでチームを編成し、それこそ「熱い戦い」をしました。
冒頭で大会役員様や来賓の議員の方々も暑い日のあいさつでした。・・本当に暑かったです。
現場に行くとうるさいほど「熱中症に注意して、水を飲みましょう」といっているのが印象です。
これくらいに子どもたちには言っていたほうが良いと思います。ゲームに夢中なお子様も頼もしく感じた反面管理者の「真剣さ」印象です。
大会の管理者の活動に敬服しました。
一人も熱中症を出さないように「しほぶどう糖」が役立てばと思いますIMAG0150.jpgIMAG0164.jpgIMAG0186.jpg

脱水・熱中対策HP: http://www.budoutou.com/jigyoubu-budoutou/necchuushou/index.html  



posted by ブレインズ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

15日の早い梅雨明け

土曜・日曜の連日の猛暑、連日で搬送される熱中症の方々、ニュースで取り上げられる状況は他人事ではありません。
自分も暑いなと感じていたら他の人も「暑いだろう」と思います。しかし、暑すぎると他の人の事など考えていられない現状もあります。
今年は15日早く梅雨が空け夏になりました。という事で熱中症対策は徹底的に必要になりました。
身体が暑さに対応する準備をしていない内の夏日です。子どもや高齢者は要注意です。水分・塩分は報道の方々が連呼するぐらい必要です。
社会人では仕事中の熱中症は「労災」になり担当者は一人でも熱中症を出したくないと語っています。
スポーツの現場や生活の現場、仕事の現場をイメージして最悪の状況もイメージして対策をしたいものです。
予防として、塩とぶどう糖の入った「しほぶどう糖・現場主義」を小まめに舐めていただき、ミネラルウオターで小まめな水分補給をしてください。・・備えあれば憂い無し・・
今年の夏は長いとの予報です。
ばてない様に対処しましょう。
posted by ブレインズ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。