2014年08月28日

異常気象と災害食

横浜市防災フェア2014が、8月23・24日にみなとみらいの赤レンガで行われました。

今年は新企画で「災害食グランプリ」第1回で日本災害食学会・防災安全協会の主催・協力で実施された。

分野として1ごはん類2パン・めん類3惣菜類・レトルト類4缶詰・瓶詰、セット類5スープ・汁、水・飲料水の5分野です

弊社は5分類に属し2位です。出展は「脳はぶどう糖」「しほぶどう糖」を陳列しました。

「緊急食」・「救急食」の分野がまだ出来ないのが残念です。

34商品がエントリーし、1日目は午前中は雨で、2日目は熱い日差しの1日でした。

横浜市の消防隊の装備や活動、県警本部や

赤十字の活動、ボランテイア、広報、ラジオ日本、日経広告、など大掛かりで子供たちは大喜びでした。

日本災害食学会の災害食評価の考え方  1 即食性 2 保存性 3 栄養バランス 4 日常性 5 嗜好性 6 少数者対応(アレルギー等)

災害食のこれからのQOLに期待できそうです。・・異常気象も対象に商品つくりが始まるかも知れません。
posted by ブレインズ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

持病を持つ人の自動車運転

7月に入り交通事故のニュースがTVで放映されています。

自動車運転免許証の取得の際に持病を報告し記載することになっている。とのこと

運転する方の持病によって提供される薬が違うのでそれぞれの方の応用が大事になります。

防災対策での備蓄品として「脳はぶどう糖」を販売しています弊社は大変気にしています。

本人だけでなく被害を被る方たちもいます。

さまざまな事故・災害と同じように危機管理的な対応を社会的に普及したいと思います。

昨今は熱中症による場合もあり、季節の変動も理解しておきましょう。

お子様や高齢者は気候の変動で起こること。また、薬の影響、空腹時、運動の後、緊張がほぐれた後なども自分の環境や
状態が変わります。周りの人たちも変わりますので起こるべきことをイメージすることを訓練しておきたいと思います。

posted by ブレインズ at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

食育&復興支援フェステイバル横浜 16日大盛況です

第7回食育推進全国大会が16・17日にパシフィコ横浜D会場で行われている。昨日16日にF15ブース(社団法人防災安全協会)で防災対策としての「脳はぶどう糖」のサンプルを配布いたしました。
お奨めしたいので報告方々書いています。本日も配布します。ご来場下さい。
横浜一流ホテルのシェフが来て料理講習をしています。例えばホテルモントレイ横浜総料理長吉田敏彦、崎陽軒総料理長阿部義昭、ホテルニューグランド、霧笛楼、梅林、濱新、ウインドジャマー、すべて総料理長ないし店主です。・・・なかなか出会えないメンバーです。
被災地復興支援ブースもにぎやかです。・・・お奨めのメーカー様盛りだくさん。
横浜中華街の出展ブースのおいしさ満点。・・・一同に開催は珍しいです。
ホテルの出展。・・・はなかなかありません。
食育関連ブース。・・給食の食べれるコースははじめから行列です。
入場無料です。開場と同時に若いお子様連れや学生、栄養士様で長打の列です。
はまぎんホールも食育の講演やデイスカッションで知の進化もうかがえます。
小雨日和ですが凄い人数なので、昨日は、午前中から入場制限でした。
お子様のためも含め価値ある1日を楽しめます。
ご来場下さい。
posted by ブレインズ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

進化する防災対策

3.11以降、いまだに頻繁に地震が起きます。
場所によっては毎日、地震が起きているのではないかと思う日があります。
教訓も繰り返し報道されています。
関東大震災の大火災、阪神淡路の地震では、建物の倒壊、東日本大震災の大津波、原子力発電所の影響などなど
報道番組が3.11以降の現地の状況、人の現状、経緯、経済復興の対策など必要な要件を満たす視点から特集を組んで現地に赴いていると思う。
1年間の試行錯誤は避難所に関わるハード面や人に関わるソフト面など運営組織、医療、情報伝達など蓄積された資料から今後のための対策も改善されてゆくと思います。
今、市民の情報源としてダイドードリンコ鰍ェデジタルサイネージを利活用した平常時と非常時に対応したシステムを完成し、各大学、自治体、病院、街づくり、会社の安心安全などに日頃から利用でき物として市場に提供しています。
各業界で安全・安心は人としての最重要な課題で在ります。
市民の自主防災組織も活発な活動をしてきています。
身近な防災訓練・防災対策の進化を実感してみてください。

〇脳はぶどう糖ホームページへ〇 ←クリック


posted by ブレインズ at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

川崎市宮前区の防災フェア

宮前区防災フェアが1月20日に宮前市民館で開催されました。
12時から4時半の間に宮城大学の後藤復興まちづくり推進員の講演があり今の現状やこれからの復興への思いなど聴衆の感動を誘いました。
外は雪でしたが熱心に問いかけていました。「あら元気」で体調を測る方が増えてきました。
レスキューぶどう糖と共に災害シュミレーションの目黒巻を説明させていただき3.11以降本当に真剣に聞いて頂いています。
新しく腕首につける一球さん、アルミの真空パックによるパン、パン缶、「ほっと安心帽」の説明に加え、「昨年12月から実施されている「防災介助士」資格認定の説明やダイドードリンコのデジタルサイネージと一対な飲料系の自販機の地域防災への応用の説明など新しい、対策を盛り込みました。
今までに一番忙しかった感じといわれました。
雪の中、弊社ブースに来ていただき、ありがとうございました。
宮城大学の後藤推進員の話は今の被災地の話はまだまだ復興の形が見えない、しかし、頑張る決意は凄いと思いました。
posted by ブレインズ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

防災用備蓄に適した「脳はぶどう糖」です

昨日の茨城県の地震から日頃から起こりうるだろうと思っている「首都直下型地震」を想定した人は、何人ぐらいいるだろうか?
教育現場の学校は昨日休みでしたが、10時30分頃だから普段は授業中です。
各学校は、防災訓練やマニュアルを用意しています。また、3.11以降は学校の対策が強化されています。
地域住民とともに防災拠点として、避難所として、発生後の応急対策としてなど話し合いながら、想定しながら対策を考えています。
首都圏での備蓄品などにも応急対策の特徴が顕著に見られます。
即、学生の安全、安心を心理面や肉体的、など配慮しています。
学校の総務課、事務局の方々は防災の対策は他の機関や組織から提案を受けて作成しています。
弊社の「レスキュー脳はぶどう糖」は災害対策の備蓄品として、高齢者、幼児、食事の困難者、活動リーダー、携帯食の必要な方々羽もとより、その場の方々のやる気や元気をかもし出します。応急対応型のタブレットのブドウ糖です。今、応急対応が課題です。
舐めても、噛んでも、飲み込んでも良い解けやすく舐めても良いタブレットタイプです。
備蓄品としても製造日から5年の保存期間です。
防災の専門企業へのお問い合わせやインターネットでお尋ね下さい。

☆脳はぶどう糖ホームページへ☆
posted by ブレインズ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。