2012年08月01日

熱中症と脳梗塞がTVで放映されました

TVで熱中症が放映されるのは毎日あります。
高齢者の方々の熱中症で注意を呼びかけていた放送がありました。
脳梗塞です。
人が汗を多量にかいたときに(各人各様)血管の水分量が減ります。様々な現象が身体に起きます。
水分補給が必要なのはこのためです。
脳梗塞がクローズUPされるのは年間で6月から8月が一番多いということです。
脳梗塞は血管が縮まりやすい寒い季節と思われやすいです。しかし、夏の暑い時の方が汗をかくので罹患する方は多いということです。
身体の片側の痺れ、半身の麻痺、ろれつが回らない時などは直ぐに救急車を呼んでください。
一刻も早い手当てが重要です。重症にならないためにも早い手当てをする事が最優先です。
熱中症に水分補給と塩分、糖分というのが最善です。いつも心がけをしてください。
「しほぶどう糖」は石垣の塩、鹿児島のサツマイモから製造したぶどう糖を食べやすく(舐めても噛んでも)しました。1粒1gなのでカロリー計算も直ぐ分ります。
水分の吸収が早くエネルギー不足の方にも元気が出るのでお奨めです。
posted by ブレインズ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お医者様からのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

熱中症対策にしほぶどう糖

明日から8月1日です。
海・山のレジャーに行く方たちが多くなります。
しかし、仕事の方も多いです。建築現場に夏休みはありません。
むしろ夏休み中に仕事の多い企業も在ります。
建築現場の熱中症対策から生まれた「しほぶどう糖」は鹿児島のサツマイモを原材料にぶどう糖を作り、石垣島の海水から塩を作り、身体に優しい配合で混合し、タブレットにしました。
いざという時にも舐めたり、噛んだりしても食せます。
塩と糖は水分補給のときの吸収を早めます。
夏の作業場はかなり暑いです。また
夏の旅行は現地の暑さの状態が分りません。そんな時に「しほぶどう糖」を持参していただくと熱中症対策になります。スポーツ、ハイキング、学校での野外活動や集団活動の時のリーダーの方の心使いに利用してください。
夏のイベントでの管理者に「しほぶどう糖」の3粒入りの150袋が夏の現場や学生の合宿に使用されています。
水分補給に欠かせない「しほぶどう糖」をお忘れなく
posted by ブレインズ at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

本日は猛暑に

本日は全国的に猛暑になりました。
熱中症の対策を考えておいてください。
日に日に疲労がたまったり
寝不足などが続くとなりやすいです。
大雨の在りました九州の竹田市でタオルを集めています。
宜しくお願い致します。
posted by ブレインズ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

熱中症には小まめに水分と塩分を取りましょう

本日、今年の最高温度、東京32度記録です。
本日の熱中症で救急車で搬送された方は500人以上だそうです。(本日午後9時のNHKテレビ発表)
明日は海の日の祭日です。
明日も猛暑の予想です。
NHKでも熱中症を危惧するコピーは「小まめに水分・塩分を取りましょう」です。
高齢者や幼児、子どもは十分に注意して周りの人が気をつけましょう。
子どものスポーツや室内スポーツで湿度が高くなる環境は責任者・管理者が気を使うべきです。
戦いをしている選手は弱気をはかないので水分不足やエネルギー不足が自分で表現できない場合が多く在ります。
また、現場仕事の方々の周りの方が小まめに声がけをしましょう。高齢者の労働が多い現場は本人が気がつかないで体温が上がっている場合が多いです。
水分補給と塩分・糖分を取りましょう。最善の構えで日々をすごしましょう。
「しほぶどう糖」は小まめに1粒・2粒・3粒を舐めたり噛んだりしてください。
飴ではなく急を要する時にも舐めたり噛んだりしてください。
posted by ブレインズ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | しほぶどう糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

NHKが熱中症の対策に水分・塩分・糖分を

夏本番の感じがする日々がきました。
NHKの放送でも熱中症対策の特集が組まれています。対策には水分が必要です。取った水分を十分に活用する時に塩分、糖分が役に立ちます。塩分が水分の吸収をよくします。また、塩分がないと水分が細胞に吸収されなくて汗で出てしまうので水分補給になりません。・・熱中症対策になりません
糖分(ぶどう糖)は脳のエネルギーとして働きます。・・ぶどう糖は点滴に使われる事で知られています。素早く吸収されるということです。
対策には急を要するので体の吸収を考えて対応する事に重要性があります。
弊社の「しほぶどう糖」は塩とぶどう糖を一緒に混合しています。お子様や高齢者の日常の散歩やウオーキング、野外活動、旅行、、ハイキングに使われています。
また、開発経緯から建築の現場
、建築の作業場での仕事に使われています。
室内でもお子様の勉強の環境によっては必要です。高齢者の室内での活動にも必要です。
外気温、室内温度、湿度、体温を総合判断して水、塩、糖を準備してください。
posted by ブレインズ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | しほぶどう糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

学校の夏の防災対策に「しほぶどう糖」が最適の一品に

本格的な夏です。・・・気温と室温と体温について注意していましょう。
学校での生徒の健康管理は大変です。
合宿やセミナー、夏期講習、スポーツ部や研究部、愛好会など大学では様々な夏休み中に活動をしています。(ハイキング、旅行、野外の遊び、集団行動、ウオーキング、散歩などなど)
体力のある人、無い人、各人各様の体調や個性があり持久力も問われたりしています。
# 気温の変化に対応して活動しましょう。・・野外は場所により気温の変化が極端に在ります。休息、疲れ、水分補給、睡眠不足、食事の状態・状況の変化に対応しているか。また、対策の準備、しほぶどう糖の備え、熱中症対策などなど)
# 室温の変化・管理に注意しよう。・・朝から夜の間で温度変化があります。また競技や人数により室温が代わります。・・幼稚園の運動、遊びの時間、小学生や中・高生の運動、学生や実業団の方々睡眠不足も注意点です。
# 体温の変化に注意しましょう。お子様と高齢者は、特に注意しましょう。年齢や個人差、男女、体質、仕事、日常習慣による差異があり周辺の方や管理責任者、自分自身の状態管理は必要です。
東京湾を震源地とする地震も予想される中、暑い夏に震度7を越える震災があったとき、自分の身体を守り、また学生の身体を守ること重要課題にしましょう。
学校の夏の防災対策は重要なので市民、公共団体より先に対策を練り始めました。
学校の重要課題になりました。


    〇ぶどう糖ホームページへ〇


posted by ブレインズ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

集中力が低下するとハンドル操作が鈍くなる

大型バスの高速道路での事故から注目を集めている自動車事故について
自動車のハンドル操作の傾向を感知して「警告」を鳴らす方式の実証実験に入った。(NHK7月2日放送)
また、一般車にも装備されている衝突防止のセンサーにより衝突前に自動停止する安全装置もある
更に近未来には高速道路で衝突を避け、よけて走行する、更に後ろの車をも感知して、よけて走行する事が出来る。
人のミスを車の装置で補うという安全対策の最前線の話でした。・・期待しています。
弊社の「脳はぶどう糖」タブレットを高速道路で普及したいと考えています。舐めれるタイプのタブレットです。
集中力や注意力にどうぞ
posted by ブレインズ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | しほぶどう糖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

高齢者の熱中症にしほぶどう糖と水分補給を

7月に入り本格的に夏・・です
体温が上がると脳も熱くなり、ボーとする時間もありますネ。
起きてる時間はシャキッとしていたいものですが日本は四季折々で気温の上下は仕方が無い。早く身体に馴染ませないといけないと思っています。・・なかなか大変
わが社のしほぶどう糖を舐めてミネラルウオターで水分補給・・節電も意識していましたが先ず窓を開けて風通しをよくしました。扇風機も使います。
ペットボトルはいつも机のそばにあります。・・頭の回転をさせる方法の自分実験を毎日しています。
外に出る時は忘れずに持ってゆく「しほぶどう糖」です。・・高齢者の習慣になればいいと思います。・・・塩(塩分)が常識になった現在です・・糖(ぶどう糖)とともに食すると吸収が早いといわれています。
マラソンの方々や登山の方々に聞くと良いです。ウオーキング、散歩の時も意識して「しほぶどう糖」と「水」をお忘れなく、お子様にも勧めてください。
posted by ブレインズ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

食育&復興支援フェステイバル横浜 16日大盛況です

第7回食育推進全国大会が16・17日にパシフィコ横浜D会場で行われている。昨日16日にF15ブース(社団法人防災安全協会)で防災対策としての「脳はぶどう糖」のサンプルを配布いたしました。
お奨めしたいので報告方々書いています。本日も配布します。ご来場下さい。
横浜一流ホテルのシェフが来て料理講習をしています。例えばホテルモントレイ横浜総料理長吉田敏彦、崎陽軒総料理長阿部義昭、ホテルニューグランド、霧笛楼、梅林、濱新、ウインドジャマー、すべて総料理長ないし店主です。・・・なかなか出会えないメンバーです。
被災地復興支援ブースもにぎやかです。・・・お奨めのメーカー様盛りだくさん。
横浜中華街の出展ブースのおいしさ満点。・・・一同に開催は珍しいです。
ホテルの出展。・・・はなかなかありません。
食育関連ブース。・・給食の食べれるコースははじめから行列です。
入場無料です。開場と同時に若いお子様連れや学生、栄養士様で長打の列です。
はまぎんホールも食育の講演やデイスカッションで知の進化もうかがえます。
小雨日和ですが凄い人数なので、昨日は、午前中から入場制限でした。
お子様のためも含め価値ある1日を楽しめます。
ご来場下さい。
posted by ブレインズ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 防災対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

熱中症にならないために、汗をかく体質にしておきましょう

今年の最高気温を記録しました昨日、各TV局の放送に熱中症の注意に関する事が多くありました。
小さいお子様のいる家庭の主婦の方々、高齢者の家庭は昼間の時間はTVを見る機会が多いです。
1 汗をかく体質に今のうちにしよう。
2「 汗かき」体操をしよう。
つまり、汗をかくことにより体内の温度を体内にこもらせないで、汗で熱を放出し、体温を一定に保ち、通常の体温の範囲で収める。・・・人の恒常性(常に一定に保とうとする働き))を保つために備わっている人の機能
日本では暑くなるとクーラーが売れますがアフリカでは首都や都市に集中してありますが電気がないと使えません。日本のクーラーの無い時代には人は自然の中で身体を慣らして季節を感じていたのです。
3 汗をかく体質になると水分補給がより多く吸収されます。
高齢者に無理やり体操はきついかもしれませんが、体操を出来る事を感謝して、少しずつ身体を作りましょう。
弊社の提案は昔から当たり前にしていた「塩分を取る事」です。
汗をかくと血液中の塩分も汗で一緒に体外で出ます。塩分を摂る事は体内の水分調整とも関わり水の吸収が早くなります。
身体に備わった機能は十分に使いましょう。
予防はしておきましょう。
小さいお子様や高齢者のいる家庭では「節電」とともに配慮したい「今日このごろ」です。
posted by ブレインズ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 熱中症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。